きょうの動意株

ACCESSが活況高、タクシー乗客向け動画広告実験を材料視

4813 ACCESS 株価チャート
12/12
15:00
時点

1,011

前日比
+8(+0.80%)

年初来高値 1,065.0(17/03/28)
年初来安値 672.0(17/02/07)

 ACCESS(4813)が後場も値を保つ展開。前場は前週末比146円高の1067円まで買われた。午後に入っても同137円高の1058円まで値を上げて結局、同123円高の1044円で取引を終えた。東証マザーズ銘柄の売買代金ランキング1位と商いも活況だった。6日にタクシー大手の日本交通グループなどと共同で動画広告などの視聴に応じて、乗客が次回以降のタクシー料金の割引を受けられる情報配信サービスの実証実験を開始すると発表。これを材料視した値動きとみられる。

 2月以降は波状的に上値を追う展開。「会社側のニュース発表に敏感」(市場関係者)という。来2016年1月期業績は赤字継続見込みのため、「4ケタ乗せで達成感が出る可能性がある」(別の市場関係者)との声も聞かれるが、相場つきが一変していることなどに着目して先高を唱える向きもあるなど強弱観が対立している。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 66.08倍 PBR 1.34倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ACCES (4813)

ページトップ