きょうの動意株

第一三共が高い、インドのサン・ファーマ株売却発表を材料視

4568 第一三共 株価チャート
12/13
13:51
時点

2,825.0

前日比
+57.0(+2.06%)

年初来高値 2,828.0(17/12/13)
年初来安値 2,284.5(17/08/24)

 第一三共(4568)は朝寄り後に58.0円高の2022.5円まで上げ、3月下旬につけた2009年以来の高値2035円に迫る始まりとなった。昨日の取引終了後にインドの大手製薬企業サン・ファーマシューティカル・インダストリーズの株式を「全部または一部」売却すると発表したのを好感した値動きとみられる。

「サン・ファーマ株式を全株売却した場合の売却額は最大4000億円」(市場関係者)とあって、利益押し上げ効果に対する期待が膨らむ。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 40.07倍 PBR 1.59倍 予想配当利回り 2.48%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

第一三共 (4568)

ページトップ