きょうの動意株

ジグソーが取引開始2日目で初値、公募価格の3.4倍に急騰

3914 JIG-SAW 株価チャート
12/11
09:27
時点

5,320

前日比
0(0.00%)

年初来高値 7,520.0(17/01/06)
年初来安値 5,190.0(17/11/16)

 28日に新規上場のジグソー(3914、東証マザーズ、売買単位100株)が取引開始2日目で初値をつけた。10時33分に公募価格2390円の約3.4倍の8040円で売買が成立した後は8300円まで買われたが、その後は6550円まで値を下げている。同社はインターネットシステムの自動運用サービスなどを展開。縁故者による売却制限(ロックアップ)の一部が公開価格の1.5倍(3585円)で外れるため、初値形成後は「売り圧力が高まりそう」との見方が勢いを増しているとみられる。

 会社側の今2015年12月期予想1株利益は32.10円。初値ベースのPERは約250倍に達する。「高PERは承知のうえで臨む投資家も少なくない」(市場関係者)というが新興株市場の新規株式公開(IPO)の場合、ロケットスタートの後に弱含む銘柄が少なくないだけに、「相場が落ち着くまで待ちたい」(別の市場関係者)といった慎重な声も聞かれる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 134.01倍 PBR 35.88倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

JIGSA (3914)

ページトップ