きょうの動意株

ソニーが続落、連休中の海外相場波乱への警戒感台頭

6758 ソニー 株価チャート
12/13
10:36
時点

5,038

前日比
-6(-0.12%)

年初来高値 5,485.0(17/11/08)
年初来安値 3,269.0(17/01/05)

 ソニー(6758)は朝寄り後に42.5円安の3602.0円まで軟化し、日々小幅だが4日続落の始まりとなった。昨30日に前3月期決算などを発表し、今期の業績予想を最終損益は3期ぶりの黒字見通しとしたが、明日からゴールデンウイーク(GW)本番のため、「個別材料株と違い、GW中に欧米株式が荒れるとはしごを外される可能性はある」(市場関係者)との懸念が出ている。

 もっとも、昨年12月以降は25日移動平均に絡むようにジリ高基調を続けており、25日平均を割ると反発するケースが頻発。1日の下落で25日平均に接近してきたため、さらに軟化すればむしろ反発に転じても不自然ではないとの見方がある。こうしたテクニカル面と、GW明けから本格的に業績回復を買う相場が来ることを想定し、「仕込み時はいまでしょ」と強気の姿勢もある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 16.11倍 PBR 2.55倍 予想配当利回り 0.50%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ソニー (6758)

ページトップ