きょうの動意株

ヤマダ電機が急反発、ソフトバンクの資本参加をハヤす

9831 ヤマダ電機 株価チャート
11/22
15:00
時点

583

前日比
0(0.00%)

年初来高値 649.0(17/01/05)
年初来安値 543.0(17/04/04)

 ヤマダ電機(9831)は買い気配で始まり、24円高の514円と急反発。4月24日以来の500円台を回復している。7日引け後にソフトバンク(9984)との資本業務提携を発表し、ソフトバンクがヤマダ電機の株式を5%取得するとした。ソフトバンクにとってはヤマダ電機の店舗網活用や住宅関連事業との融合などが期待でき、一方ヤマダ電機は調達資金をスマートハウス事業の強化などに充てるとしているが、市場では13%は保有するとみられる投資ファンドに対する牽制効果を期待する様子もある。

 株価は今年2、3月の530円どころを高値に微調整となっているが、4月下旬からは75日移動平均線がサポートとなって下げ止まりつつあるめ、テクニカル的には調整一巡感が出ていた。上値抵抗の530円どころを抜けるかどうかは市場関係者によって見方が分かれるが、「抜けば1、2月の上昇幅と同程度の再上昇が見込める」という。ヤマダ電機子会社のヤマダ・エスバイエルホーム(1919)も一時29円(31%)高の122円まで買われ、東証1部値上がり率1位。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 12.00倍 PBR 0.84倍 予想配当利回り 3.09%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ヤマダ電 (9831)

ページトップ