きょうの動意株

清水建が後場一段高、今期26%営業増益見通しなど好感

1803 清水建設 株価チャート
10/23
15:00
時点

1,295

前日比
+11(+0.86%)

年初来高値 1,314.0(17/10/18)
年初来安値 997.0(17/03/23)

 清水建設(1803)が後場に入って一段高。前日比57円高の898円まで値を上げている。午後1時に前2015年3月期の決算を発表。同時に今2016年3月期営業利益予想について、前期比約26%増との見通しを公表したのを手掛かりに買い物が先行した。

 市場関係者には、「建設株はオリンピック東京開催やリニア新幹線などを材料に買われたのを除くと、長いこと相場らしい相場がなかった」と、物色面での目新しさを強調する向きがある。清水建の場合、昨年9月からモミ合いが長期化しており、「上放れれば大きな相場に移行する」(市場関係者)との声も聞かれる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 13.98倍 PBR 1.78倍 予想配当利回り 1.54%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

清水建 (1803)

ページトップ