異色の創薬ベンチャー、ジーエヌアイグループの展望(上)

米国で設立後に日本で上場、中国で創薬

小長 洋子

(撮影:今井康一)

ジーエヌアイグループ(2160、以下GNI)はちょっと不思議な会社だ。社長は中国系で、英語は堪能ながら日本語はほとんど話せない。日本に本社があり東証マザーズに上場しているが、創薬の要である研究開発、製造共に中国で行っている。2014年からは初の自社開発薬「アイスーリュイ」を中国で販売開始した。

 社名の由来は、ジーン・ネットワーク・インクの頭文字、GNI。01年にアメリカで設立された会社だ。社名のとおり、遺伝子ネットワーク解析技術を基盤とするバイオベンチャーだが、創業者は今では残っていない。ベンチャーの成長過程によくあるフェーズの変化による舵取り役の交代ではない。

 現在の社長、イン・ルオ氏自身もバイオサイエンスのPh.D.(博士号)を持つ研究者で、GNIが02年から共同研究を始めた上海ジェノミクス(SG社、現在はGNIの子会社で研究開発拠点)の創業社長だ。

 ルオ社長は中国・北京生まれ。中国の大学を卒業した後アメリカに渡り、Ph.D.を取得した。その後いくつかのアメリカのベンチャーで経験を積んだ後、自ら上海で起業した。

GNIが日本での上場を選んだワケ

 GNIが日本に進出したのは、アメリカでの遺伝子解析ブームが終わり「次は日本でブームが来る」と当時の経営陣が判断したからだ。03年に米国本社の資産を、子会社である日本法人に移管し、米国法人は解散するという形を取った。ただ、案に相違して日本でのブームが盛り上がりに欠けたまま終わってしまい、07年の上場時には、調達資金が想定を大幅に下回る8億円にしかならなかった。このため、人件費をはじめとする研究開発コストが高い日本での開発をあきらめ、中国のSG社に集中することにしたという。

記事中の会社を詳しく見る

GNI (2160)

ページトップ