ダイコク電機の今16年3月期は営業利益底入れだが、なお開発費重い

連続減配へ

堀越 憲二
2015年05月21日

パチンコホール向けホールシステム最大手のダイコク電機の今2016年3月期は、前15年3月期に急落した営業利益が回復に向かう。が、開発費が増えるため、回復ピッチは鈍く、営業利益は低水準が続きそうだ。配当は前期10円減配したが、今期も20円減配すると会社は発表した。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

ダイコク電 (6430)

ページトップ