きょうの動意株

東洋ゴムが急落後の相場で連日高値、「一件落着」し買い戻し注目

5105 東洋ゴム工業 株価チャート
12/11
15:00
時点

2,309

前日比
+14(+0.61%)

年初来高値 2,675.0(17/10/25)
年初来安値 1,237.0(17/02/08)

 東洋ゴム工業(5105)は朝寄り後に94円高の2623円まで上げ、免震ゴム問題で3月に急落してからの相場で2日続けて高値に進んだ。一昨日の20日、安全性に疑義のついた免震ゴム製品の納入先99棟のうち、残りの22棟すべての建築物について安全性を確認して国土交通省に報告したと発表。昨日に続いて「一件落着」の雰囲気がある。

 問題発覚前の株価水準は2771円(3月13日終値)。企業イメージへの影響などを考えると問題発覚前の水準を完全には回復できないとの見方があるが、問題発生後に増えた信用売りが高水準のまま残っており、買い残の2倍に達するため、買い戻しが増加する場合は意外な上昇もありうるとの見方が出ている。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.54倍 PBR 2.07倍 予想配当利回り 1.95%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

洋ゴム (5105)

ページトップ