きょうの動意株

大阪チタニウムが一段高、過熱感あるが主幹事「お墨付き」で安心感

5726 大阪チタニウムテクノロジーズ 株価チャート
11/22
15:00
時点

1,894

前日比
+6(+0.32%)

年初来高値 2,022.0(17/02/15)
年初来安値 1,496.0(17/09/06)

 昨日売られた大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)は大幅反発。後場寄り後に一段上値を追い、13時を回った段階で370円(11%)高の3745円と2012年以来の高値に進んでいる。直接的な買い材料としては、野村証券が2日付で目標株価4000円で新規にカバーと伝えられたことなどが言われている。野村証券は同社の主幹事証券のため、市場では「主幹事が注目し始めたのならお墨付きをもらったも同然」といった声も上がっている。

 5月15日の新中期計画発表後、ほどなくして出来高を伴いながら上昇基調を鮮明化。このところはRSIなどのテクニカル指標に過熱感が強まる中で一段高となってきたため、「理外の理」の相場と見直す向きもある。相手は相場なので一本調子の上げにはならないとの予想はあるが、6月初にはエアバス社幹部の発言として、6月中旬から下旬に開催されるパリ航空ショーで数百機規模の受注が決まる可能性があるとロイター通信が伝えており、長期的な視野での需要増加に期待がかかる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 46.42倍 PBR 2.02倍 予想配当利回り 0.53%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大阪チタニ (5726)

ページトップ