メニコン(7780)の実力診断

コンタクトレンズ大手

広瀬 泰之

コンタクトレンズのパイオニア。1951年に日本初の角膜コンタクトレンズを開発した。ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズを取り扱う。入会金と定額の月会費を支払うことで、コンタクトレンズの紛失・破損・度数変更時などの保証を受けられる、定額会員システムの「メルスプラン」が安定した収益基盤となっている。動物用医療製品、生殖補助医療などの新分野を第2の収益柱として育成中。

16年3月期は毎月定額でコンタクトレンズを使用できるメルスプラン会員の増加が続く。特に顧客単価の高い使い捨てレンズの会員増が利益を押し上げる見込み。調達資金(上限約30億円)は、岐阜・各務原の使い捨てコンタクトレンズ生産ライン増強などの設備投資や、広告宣伝費に充当。比較銘柄としては、シード(7743)、HOYA(7741)、ジェイアイエヌ(3046)などが挙げられる。

会社概要

【本 社】〒460-0006 愛知県名古屋市中区葵3ー21ー19 TEL052-935-1515

【URL】http://www.menicon.co.jp/ 【設 立】1957年

【代表者】田中英成(55歳) 【従業員数】2452人

【業 種】精密機器

【市場テーマ】コンタクトレンズ、動物薬

【比較銘柄】 シード(7743)ジェイアイエヌ(3046)HOYA(7741)

業績

(百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益
(円)
1株配
(円)
単12.03 37,947 2,741 1,405 86.0 20
連13.03 57,933 2,547 2,887 925 56.6 25
連14.03 62,209 2,294 2,550 1,010 61.9 30
連15.03予 63,131 2,863 2,822 1,431 80.2 30
連16.03予 65,800 3,100 3,100 1,800 100.9 30

【一株純資産】(14.3)2,022円

大株主

【上場前発行済株式数】16,344,000株 【潜在株式数】552,000株

株主名 保有株式数(株)
※潜在株含む
田中英成 2,114,800
(株)マミ 1,417,000
メニコン社員持株会 1,329,761
(株)トヨトミ 991,000
塚本香津子 707,000
(株)三菱東京UFJ銀行 400,000
田中康範 341,000
田中淳子 329,000
千代田聡子 290,000
田中嘉子 290,000
山田仁美 290,000

スケジュール、価格、引受会社

【上場予定日】6月25日 【市 場】東証(市場未定),名証(市場未定)

仮条件
決定日
BB期間 公開価格
決定日
申込期間
6/8(月) 6/10(水)

6/16(火)
6/17(水) 6/18(木)

6/23(火)

【仮条件】1,630~1,700円 【公募価格】ー円

【幹事証券】大和 【引受証券】三菱UFJモルガン・スタンレー、東海東京、みずほ、SBI、岡三、マネックス

株式数、売買単位

公募
株式数
売出し
株式数
売出し(OA)
株式数
1,500,000株 800,000株 345,000株

【上場時発行済み株式数】17,844,000株 【売買単位】100株

記事中の会社を詳しく見る

メニコン (7780)

ページトップ