きょうの動意株

JR東海が4日ぶり反発、黒田発言受け為替不透明、内需株見直す

9022 東海旅客鉄道 株価チャート
10/20
15:00
時点

20,795

前日比
+100(+0.48%)

年初来高値 20,795.0(2017/10/20)
年初来安値 17,525.0(17/07/26)

 JR東海(東海旅客鉄道、9022)は朝寄り後に2万1220円(575円高)まで上げ、昨日までの3日続落から反発する始まりとなった。円相場に対する見通しが昨日の黒田発言を受けて不透明になったため内需関連株に目を転じる動きがあるほか、韓国のMERS(中東呼吸器症候群)によって同国への外国人観光客のキャンセルが7万人に達したと伝えられたことなどを受け、訪日観光客の増加などを思惑材料にする様子がある。

 3月の2万4800円を高値に3カ月近く調整基調が続いており、信用取引や心理面でフシ目になるとされる3カ月目、6カ月目、などの経験則を意識する様子もある。出直りが本格化する場合は2万3000円どころまでの出直りなら手堅いとの見方がある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.52倍 PBR 1.52倍 予想配当利回り 0.67%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

JR東海 (9022)

ページトップ