きょうの動意株

5月の訪日客50%増を受け象印などインバウンド関連がじわり反応

7965 象印マホービン 株価チャート
12/11
15:00
時点

1,046

前日比
+13(+1.26%)

年初来高値 1,648.0(17/01/06)
年初来安値 982.0(17/11/20)

 14時に日本政府観光局が発表した「5月の訪日外客数」を受け、コメ兵(2780)、象印マホービン(7965)、ビックカメラ(3048)、ラオックス(8202)、プロルート丸光(8256)などのインバウンド消費関連株が徐々に反応。総じて前場から高いまま売り買い交錯している。

 同月の訪日外国人客数は前年同月比49.6%増の164万2000人、単月としては2015年4月に続く過去2番目の記録となった。数日前から本日の発表を先回りする動きが出ていたが、あらためて好感されたようだ。韓国で発生したMERS(中東呼吸器症候群)によって世界的に旅行客の足が鈍る懸念も一部にはあるが、その分、MERSが終息すれば見直し機運が勢いを増す可能性があり、引き続き株式市場の主要な物色テーマであることに変わりはない。発表には「例年5月は4月の桜シーズンと夏休みシーズンの狭間で、伸び率が鈍化する傾向にあったが、今年に入ってからの勢いは衰えず」とある。5月までの累計は750万人を突破した。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 12.98倍 PBR 1.17倍 予想配当利回り 2.10%
市場 東証二部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

象印 (7965)

ページトップ