きょうの動意株

トランスジェニク連続S高、「日銀会見後」を念頭に材料株先回り

2342 トランスジェニック 株価チャート
11/22
15:00
時点

609

前日比
-7(-1.14%)

年初来高値 918.0(17/06/22)
年初来安値 567.0(17/04/13)

 トランスジェニック(2342)は10時前後に一時2日連続ストップ高の662円(80円高)まで買われ、出来高でも東証マザーズの2位に躍進している。山村研一熊本大教授(元社長)が開発した可変型遺伝子トラップ法を基にしたバイオベンチャーで、昨日は「臓器ヒト化マウスに関する国際特許出願のお知らせ」が発表されるや株価が急伸し、2014年1月以来の600円台に進んでいる。

 このところはカルナバイオサイエンス(4572)、そーせいグループ(4565)などのバイオ材料株が活況高となっており、バイオ株人気にうまく合致した形になった。本日午後には黒田日銀総裁の金融政策決定会合後の会見が予定され、「場合によっては再び森より木を見る相場になる」(市場関係者)とみて個別株物色の高まりを先取りする動きもある。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 81.20倍 PBR 2.77倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

トランスG (2342)

ページトップ