きょうの動意株

さが美が続落、特損計上など嫌気だが先行きは強弱観が対立

8201 さが美 株価チャート
10/17
15:00
時点

123

前日比
+3(+2.50%)

年初来高値 136.0(17/03/07)
年初来安値 111.0(17/09/08)

 さが美(8201)が続落。前日比37円安の197円まで値を下げている。23日の前場までは経産省の着物振興提言などを材料に5日間で3倍を越える急騰となり324円まで上昇したが、同日午後2時に2015年3~5月期の特別損失計上を公表。東証が22日、「日々公表銘柄」に指定したこともあり、目先筋の利益確定売りが広がったという。追随するように急伸してきたウライ(2658)、京都きもの友禅(7615)、堀田丸正(8105)なども急激な調整となっている。

 「株価は2ケタ台が“定位置”だっただけに、人気の離散も早い」(市場関係者)との声も聞かれるが、特別損失の額は8400万円にとどまり今16年2月期通期の業績見通しなども今のところ変更していないため、出直りを期待する市場関係者も少なくない。今期は営業損益が5期ぶりに黒字転換の見通しで、「特損を出せるまでに回復してきた証拠」(別の市場関係者)。「訪日外国人観光客増で着物の需要が増加する」とインバウンド関連銘柄の側面を強調する声もあり、先行きをめぐっては強弱観が対立している。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 42.41倍 PBR 0.80倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証一部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

さが美 (8201)

ページトップ