きょうの動意株

六甲バターが伸び悩み、相場全般下落で利益確定膨らむが先高期待も

2266 六甲バター 株価チャート
10/17
15:00
時点

2,552

前日比
+41(+1.63%)

年初来高値 2,820.0(17/05/23)
年初来安値 2,282.0(17/09/08)

 六甲バター(2266)が後場に入ってやや伸び悩み。前場は前週末比104円高の1618円まで買われて上場来高値を更新したが、午後の取引では同21円高の1536円まで上げ幅を縮小している。米国でTPP(環太平洋経済連携協定)交渉を推進する法案が成立と伝えられた前週半ばから急動意。22日終値1286円から29日高値まで5営業日で約26%の急騰を演じたとあって、相場全般の下落をきっかけに利益確定の売りなどが膨らんで上値を押さえているとみられる。

ただ、TPP交渉は7月中に日米2国間交渉や12カ国協議が再開の見込み。このため、「今後も折に触れて物色の矛先が向かう可能性もありそう」(市場関係者)との声も聞かれる。

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 20.27倍 PBR 2.35倍 予想配当利回り 0.78%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

六甲バター (2266)

ページトップ