きょうの動意株

第一興商が7営業日ぶり年初来高値更新、インバウンド消費に期待

7458 第一興商 株価チャート
10/20
15:00
時点

5,350

前日比
+40(+0.75%)

年初来高値 5,710.0(17/08/08)
年初来安値 4,330.0(17/02/03)

 JASDAQの第一興商(7458)がじり高。一時は85円高(2.0%)の4395円まで上昇し、7営業日ぶりに年初来高値を更新した。業績面などで目新しい手がかり材料は浮上していないようだが、カラオケを利用する訪日外国人が増加しており、市場では「インバウンド消費関連株」との見方が台頭している。「ビッグエコー」を展開する第一興商は、英・中・韓3言語表記の看板を設置する、忍者の衣装や着物を貸し出して記念撮影するといったインバウンド施策を東京・秋葉原店や京都駅前店などで行っている。

 また、第一興商は1日午前10時40分時点の時価総額が2544億円と、JASDAQ市場で時価総額第3位の銘柄。時価総額首位のガンホー(3765)が本則市場への市場変更を申請しており、市場では「ガンホーが市場変更となった場合、JASDAQーTOP20に採用されている他の時価総額上位銘柄にその分の資金が振り分けられるという思惑がある」(国内証券情報担当者)との声も聞かれる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 23.37倍 PBR 2.60倍 予想配当利回り 2.06%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

一興商 (7458)

ページトップ