日本株も粘り切れず大幅安、前日までと異なるレベルのリスク

ギリシャと中国から「両サイド攻撃」

ロイター
7月6日、海外リスクが日本株を揺さぶっている。ギリシャの国民投票は緊縮策を拒否、先行き不透明感が一段と濃くなった。写真は東証の近辺を歩く男性、1日撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - 海外リスクが日本株を揺さぶっている。ギリシャの国民投票は緊縮策を拒否、先行き不透明感が一段と濃くなった。中国株は相次ぐ対策にもかかわらずマイナス圏に軟化。

業績拡大や株主還元に期待の大きい日本株は一時「粘り」を見せて下げ渋ったものの、前日までとは異なるレベルに高まったリスクに大幅安を余儀なくされた。

予想外の大差

予想外の「ノー」だった。欧州連合(EU)が求める緊縮策の是非を問うギリシャ国民投票が5日行われ、約6対4と予想以上の大差で受け入れを拒否。ギリシャの世論調査では、賛成・拒否がきっ抗していたが、市場では「銀行の資金が枯渇し、預金者負担につながりかねない拒否をギリシャ国民が選択することはないだろう」(邦銀)との楽観的な見方が多かった。

驚きの結果に、東京市場が開く前のアジア太平洋市場では、ユーロが急落して円が上昇。ユーロ/ドルは1.1ドルを割り込み、ユーロ/円は134円前半、ドル/円は122円を割り込んだ。

日本時間に入っても、日経平均<.N225>が序盤で300円超の下落。「不透明感を嫌うリスクオフの動きがまず出た」(外資系証券)という。

JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル・マーケット・ストラテジスト 重見吉徳氏は「銀行預金のヘアカットとなれば、ギリシャ経済は大きく悪化する。EU側が今後どのように交渉していくかも読めず、不透明感の強まりを投資家は嫌う」と指摘。株式などのポジションを落とすリスクオフの動きが、強まりそうな展開になった背景を解説した。

業績や還元に根強い期待

ただ、日本株やドル/円は一時「粘り」もみせた。前場の市場では、日経平均は軟調だったものの、寄り付きで付けた2万0195円の日中安値を前場は一度も下回ることはなかった。

市場では、日本企業の業績拡大や株主還元への期待が大きく、押し目買いも根強い。日経平均の予想一株利益は1261円とITバブル時の4.3倍。PER(株価収益率)は16倍前半にとどまっている。ガバナンス重視の企業も増え、自社株買いや配当も増加している。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ