きょうの動意株

シリコンSが上場来安値 減額修正を嫌気した売りが継続

3907 シリコンスタジオ 株価チャート
12/11
15:00
時点

3,065

前日比
+35(+1.16%)

年初来高値 6,940.0(17/06/23)
年初来安値 2,982.0(17/04/17)

 東証マザーズのシリコンスタジオ(3907)が連日で上場来安値更新。前日比1120円安の6300円まで売られている。11時21分時点の値下がり率は約14%(6380円)に達し、新興株市場でトップとなっている。

3日の引け後に発表した15年11月期業績予想の減額修正を嫌気し、前日はストップ安。この流れを引き継ぎ、7日も売りが先行した。2月に新規上場した当社はゲーム開発支援事業やスマホゲーム事業を展開している。直近IPO銘柄の減額修正とあって、悪印象につながったようだ。

 ゲームの配信時期の遅れなどが響き、営業利益は前期比57%減の3億6200万円になる見通し。従来は同7.3%増の9億0300万円と増益予想だったが、一転して減益予想になった。

 6日、スマホ向けアプリ「刻のイシュタリア」を韓国向けに配信したと発表したが、これを材料視した買いは限定的だ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 2.83倍 予想配当利回り 0.33%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

シリコンS (3907)

ページトップ