アイリッジ(3917)の実力診断

集客や販売促進でインターネットと実店舗などの連携を支援

山田 泰弘

集客や販売促進のため、インターネットと実店舗などを連携する企業の「OtoO」施策を支援。スマートフォンなどの位置情報を活用したアプリで、来店者らの属性に対応した情報配信やクーポン発行を行う。利用者数に応じて企業から受けるアプリ利用料とアプリ開発が収益源。クレジットカードなどの決済情報も含めたシステム構築も強化。当社サービスは英語、中国語にも対応し、中国やシンガポールなどで海外展開も進めている。

2015年7月期はアプリ開発需要や消費者のサービス利用が増え、営業益大幅増。スマートフォンの浸透や関連サービスの増加に伴いOtoO市場は継続的な拡大が見込まれており、事業環境は良好だ。調達資金はサービス開発やシステム増強、人材採用、オフィス移転費、広告宣伝費、提携資金などに充てる。比較銘柄はGMOインターネット(9449)、オールアバウト(2454)など。

会社概要

【本 社】〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4ー13 TEL03-6261-3863

【URL】http://iridge.jp/ 【設 立】2008年

【代表者】小田健太郎(40歳) 【従業員数】24人

【業 種】情報・通信業(SI・ソフトウエア開発)

【市場テーマ】O2O、スマートフォンアプリ・コンテンツ

【比較銘柄】 オールアバウト(2454)GMOインターネット(9449)

業績

(百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益
(円)
1株配
(円)
単12.07(分) 86 -17 -17 -992.9 0
単13.07 257 21 21 21 11.2 0
単14.07 478 27 27 17 7.4 0
単15.07予(無割) 730 100 100 65 24.1 0
単16.07予 1,150 200 200 130 48.2 0

注) (分)は株式分割 11年10月 1→100、(無割)は無償割当 15年3月 1:99

【一株純資産】(14.7)58.3円

大株主

【上場前発行済株式数】2,445,000株 【潜在株式数】271,600株

株主名 保有株式数(株)
※潜在株含む
小田健太郎 1,300,000
(株)DGインキュベーション 510,300
みずほキャピタル第3号投資事業有限責任組合 240,000
三菱UFJキャピタル3号投資事業有限責任組合 150,000
(株)エヌ・ティ・ティ・データ 130,000
KDDI新規事業育成投資事業有限責任組合 52,700
黒瀬翼 47,000
英一樹 39,000
植木基博 34,000
吉永聰志 31,000

スケジュール、価格、引受会社

【上場予定日】7月16日 【市 場】東証マザーズ

仮条件
決定日
BB期間 公開価格
決定日
申込期間
6/29(月) 6/30(火)

7/6(月)
7/7(火) 7/8(水)

7/13(月)

【仮条件】1,150~1,200円 【公募価格】ー円

【幹事証券】野村 【引受証券】みずほ、大和、SBI、エース、マネックス、岩井コスモ、極東、東海東京

株式数、売買単位

公募
株式数
売出し
株式数
売出し(OA)
株式数
250,000株 80,000株 49,500株

【上場時発行済み株式数】2,695,000株 【売買単位】100株

記事中の会社を詳しく見る

アイリッジ (3917)

ページトップ