きょうの動意株

ダブル・スコープがストップ高買い気配、最高益更新見通しを好感

6619 ダブル・スコープ 株価チャート
12/12
15:00
時点

2,236

前日比
-4(-0.18%)

年初来高値 2,495.0(17/09/19)
年初来安値 1,331.0(17/04/12)

 東証マザーズのダブル・スコープ(6619)が買い先行。10時40分現在、ストップ高となる1350円での買い気配となっている。8日引け後、今2015年12月期業績予想の増額修正を公表し、素直に好感された。9日は新興市場も全面安となっており、買い気配が続いて取引は成立していないものの、「マザーズ市場で唯一の値上がり銘柄」となる場面があった。

 電気自動車の普及を背景に、リチウムイオン2次電池用セパレーターの受注が順調に推移し、販売単価も上昇。今期純利益予想を従来の7億2600万円から14億円に引き上げた。2011年12月期の過去最高益(約12億円)を更新する見通し。

 中国市場の急落など外部環境の落ち着きどころを探る相場展開がしばらく続く可能性があり、市場関係者には「新興株市場の好業績銘柄」と注目する見方がある。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 116.46倍 PBR 3.36倍 予想配当利回り 0.11%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

Wスコープ (6619)

ページトップ