きょうの動意株

東芝が買われる、報告書公表でアク抜け

6502 東芝 株価チャート
12/12
15:00
時点

306

前日比
+5(+1.66%)

年初来高値 347.0(17/10/16)
年初来安値 178.0(17/02/17)

 東芝(6502)が大幅続伸した。大引けは前週末比23.1円(6.13%)高の399.9円。東証1部の出来高2位と商いが活発化し、値上がり率でも東証30位内にランクインした。 

 20日に第三者委員会がまとめた調査報告書の要約版を公表し、アク抜け感が広がった。調査報告書では、経営判断として不適切な会計操作が行われたと結論づけており、税引き前利益の過大計上額は2008年度から14年度4~12月期までの合計1562億円となったが、ほぼ想定の範囲内にとどまったため悪材料出尽くしとなった。 

 また、歴代3社長の辞任や、当面は上場廃止を免れる公算が大きく、東証では「特設注意市場銘柄」への指定を軸に検討を進める見込みとも伝わっており、これまで以上の新規の悪材料が出なかったことで、リバウンド(自律反発)狙いの買いやカラ売り筋の買い戻しが入った。寄り付き前の成り行き注文は売り222万株に対し買い294万株、後場寄り前も売り31万株に対し買い62万株といずれも買い優勢だった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR -2.34倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東芝 (6502)

ページトップ