きょうの動意株

キヤノンが買い優勢 増配、業績見通し発表で安心感

7751 キヤノン 株価チャート
12/12
10:13
時点

4,396

前日比
+22(+0.50%)

年初来高値 4,472.0(17/11/09)
年初来安値 3,218.0(17/02/08)

 キヤノン(7751)が買い優勢。5日ぶりに反発し、10時15分時点では前日比25.0円(0.6%)高の3934.5円付近で推移している。前日に業績見通しや増配を発表しており、材料視されているようだ。

 27日引け後に、第2四半期(1~6月)決算発表にあわせ、2015年12月通期の純利益が前期比4%減の2450億円となるとの見通しを発表した。従来予想の2550億円から減額するが、これはスウェーデン・アクシス社の連結化に伴うのれん代償却など一過性の要因と説明している。一方、これまで未定としていた中間配当を前期比10円増の75円とすることも発表した。

 第2四半期実績は、営業利益が前年同期比11.5%減の1709億円、純利益は同20.5%減の1021億円だった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 23.93倍 PBR 1.72倍 予想配当利回り 3.64%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

キヤノン (7751)

ページトップ