アドバンテストの今期は非メモリ向け需要減速でも円安効果で通期営業増益維持

東出 拓己
2015年08月04日

アドバンテストの今2016年3月期は、滑り出しは好調だった。第1四半期(4~6月期)は売上高403億円(前年同期比9.4%増)・営業利益27億円(同12.8%増)・当期純利益19億円(同42.1%増)。主力の半導体・部品テストシステム事業の売上高こそ前年同期比で微減ながらメカトロニクス関連事業(同83%増)や保守などのサービス他事業が伸びたためだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

アドテスト (6857)

ページトップ