きょうの動意株

NTT都市開発など不動産が軒並み高、日銀会合の思惑か

8933 NTT都市開発 株価チャート
12/11
15:00
時点

1,261

前日比
+6(+0.48%)

年初来高値 1,272.0(17/12/11)
年初来安値 927.0(17/04/06)

 NTT都市開発(8933)など不動産セクターが軒並み高となっている。同社は12時45分時点で前日比48円(4.1%)高の1221円付近で推移。あすから日銀の金融政策決定会合が予定されており、「日銀プレイ」的な思惑から金利敏感株の代表格として物色されているようだ。三井不動産(8801)、東京建物(8804)、三菱地所(8802)なども上昇率3%を超えている。

 NTT都市開発をめぐっては、大和証券が8月3日付、SMBC日興証券が7月24日付のレポートで「9月上旬の日経225採用銘柄の定期入れ替えで新規採用候補になっている」と指摘。これも買い手がかりになっているもよう。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 23.70倍 PBR 1.95倍 予想配当利回り 1.43%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

NTT都市 (8933)

ページトップ