コーセーの今16年3月期はインバウンド需要に支えられ、中高価格帯の化粧品好調で最高益更新へ

印南 志帆
2015年08月10日

国内化粧品第3位、コーセーの今16年3月期はインバウンドに支えられ、好決算となりそうだ。国内の中・高価格帯スキンケアブランドの伸びが全体を牽引。さらに、前期に137億円で買収した米国タルト社 (前期9カ月間の実績で売上高79億円。今期は前期比30%程度増の見込み)が通期寄与することで、4期連続の最高純益更新と見込まれる。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

コーセー (4922)

ページトップ