きょうの動意株

大成建設が連日の新値、4~6月受け「強気」見通しが浮上

1801 大成建設 株価チャート
11/17
15:00
時点

6,090

前日比
+20(+0.33%)

年初来高値 6,620.0(17/11/07)
年初来安値 3,890.0(17/02/27)

 大成建設(1801)が反発し、連日の年初来高値更新となった。午後2時35分、前日比11円(1.36%)高の822円。一時は835円まであった。 

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が11日付で投資判断「オーバーウエート(強気)」を継続したうえで、目標株価を従来の890円から1000円に引き上げたことが買い材料となった。同証券では16年3月期第1四半期(4~6月)決算を受け、通期の連結営業利益見通しを従来の770億円から850億円(前期比20.7%増)に増額した。

 会社計画は680億円(同3.4%減)。低採算案件の一巡や受注時採算の改善、設計変更・追加工事獲得などで完工総利益率が上昇していることを評価している。また、「新国立競技場の着工は遅延することに決まったが、現在の建設需給を考慮すると施工の後ずれはゼネコン業界にはメリットになる」としている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.10倍 PBR 2.45倍 予想配当利回り 1.64%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大成建 (1801)

ページトップ