きょうの動意株

大平洋金属が軟調、鉱物市況悪化で赤字転落

5541 大平洋金属 株価チャート
12/12
15:00
時点

2,960

前日比
+88(+3.06%)

年初来高値 4,250.0(17/02/20)
年初来安値 2,710.0(17/08/14)

 大平洋金属(5541)が続落。前場には前日比15円(4.1%)安の352円まで売られる場面があった。後場は下げ渋り、13時20分時点で前日比9円(2.4%)安の358円付近で推移している。前日発表の4~6月期決算で営業赤字に転落し、嫌気されているもよう。

 2016年3月期第1四半期(4~6月)決算では営業損益が18億4200万円の赤字(前年同期は9億3700万円の黒字)に転落。ステンレス鋼向け合金の販売価格の目安となるニッケルの国際市況が悪化しており、収益が圧迫された。

 同社は、5日引け後に16年3月期の業績予想を下方修正。中間期、通期ともに従来予想から営業赤字幅が拡大しており、4~6月期業績も振るわないとみられていたが、正式発表を受け、改めて売り材料視されているようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 0.91倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

大平洋金 (5541)

ページトップ