きょうの動意株

テレビ朝日HDが2000円割れ、目標株価引き下げが売り材料に

9409 テレビ朝日ホールディングス 株価チャート
10/19
15:00
時点

2,253

前日比
0(0.00%)

年初来高値 2,445.0(17/01/06)
年初来安値 1,885.0(17/07/10)

 テレビ朝日ホールディングス(9409)が4日続落した。一時、8月4日以来の2000円割れとなった。午前10時03分現在は、前日比25円(1.23%)安の2000円前後で推移している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日付で同社株への投資判断「アンダーウェート(弱気)」を継続し、目標株価を1800円から1770円に引き下げたことが売り材料視された。

 同証券では、全日帯視聴率の低下やテレビ広告需要低迷の長期化など、事業環境の悪化を指摘。そのうえで2016年3月期の連結営業利益見通しを従来の136億円から120億円に引き下げた。会社計画150億円を大幅に下回るものとなったことから、会社計画未達懸念が台頭した。同証券では17年3月期の営業利益見通しについても、従来の147億円から116億円に引き下げており、来期も減益基調が続くとの見通しを明らかにしている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 20.37倍 PBR 0.76倍 予想配当利回り 1.78%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

テレ朝HD (9409)

ページトップ