きょうの動意株

東邦金属がストップ高 マグネシウム合金の加工技術開発で急騰

5781 東邦金属 株価チャート
11/20
10:25
時点

1,528

前日比
-16(-1.04%)

年初来高値 2,140.0(17/09/06)
年初来安値 1,130.0(17/04/17)

 東証2部上場で液晶用の電極部材などを手掛ける東邦金属(5781)が急伸。前引け時点では前日比50円(40.0%)高の175円とストップ高まで買い進まれている。21日の日刊工業新聞が「熊本大とマグネシウム合金の加工技術を開発した」と報じ、これが材料視されているようだ。

 記事によると、熊本大が開発した耐熱マグネシウム合金に、当社の加工技術をあわせ、髪の毛の半分程度の細さ(直径0.05ミリ)の合金ワイヤを作る。精密溶接や金属3Dプリンターの原料としての用途が見込めるという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 44.68倍 PBR 1.65倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東邦金 (5781)

ページトップ