会社四季報オンライン

Top

日経平均大暴落!リバウンド候補はこの3銘柄だ

過去パターンで狙う3匹目のドジョウ

2015年08月24日

藤本 誠之

24日の日経平均の下げ幅は一時今年最大となる900円を超え、2013年のバーナンキショックを彷彿とさせた(撮影:尾形文繁)

 まいど、相場の福の神こと藤本です。株式相場で勝つには「半歩先読み」が重要です。

 日経平均が大暴落しています。先週は8月18日からの4連続安で1184円の下落。週末NYダウが530ドル以上暴落したのを受けて、週明け24日の東京市場も大幅安で始まり、日経平均株価は一時1万8500円を割り込んでしまいました。

 今後の相場展開がどうなるかは、想定するのが難しい状況ですが、リバウンド相場入りとなった場合に注目しておくと面白そうなリバウンド候補を3銘柄ご紹介いたしましょう。

 今年の相場を振り替えると「ほぼ1000円幅以上」の暴落が2回あります。「ほぼ」とすっきりしない表現をしたのは、①1回目の下落が4月23日~5月7日までの994円(4.9%)、②2回目が6月24日~7月9日までの1873円(8.8%)だったからです。同様に今回は終値ベースで8月17日2万0620円から8月24日1万8540円まで実に2080円(10.1%)暴落しています。

 では、前2回同様にリバウンド相場入りとなった場合、どんな銘柄に注目しておくとよいのでしょうか。リバウンド候補銘柄として、日経平均採用の225銘柄の中から、前2回の下落局面において日経平均株価より大きく下落し、かつ反発局面において日経平均株価より大きく反発した銘柄を選定したところ、20銘柄ありました。

 この20銘柄を、①、②の2回の反発局面の上昇率の合計順(降順)に並び変えたものが下の表です。

 今回は、この20銘柄から、2回のリバウンド局面で大きく反発した上位3銘柄をリバウンド候補銘柄としてご紹介いたしましょう。

コラムを順に読む

東洋経済から絶好調企業を先取り

この記事をシェア

記事アクセスランキング
1 どの程度のディスカウント率なら買える?

日本郵政株の巨額売出が相場に与える影響は?

2 あれから20年、79冊読破した男の「深イイ話」(111)

大バケ株が続々、だからやめられない低位株投資

3 月間動画再生回数は30億回突破

人気ユーチューバー抱えるUUUM、成長余力は大!

4 債券買い・株式売りの巻き戻し

「理由なき急騰相場」の繰り返されるパターン

5 今年の日本人受賞期待は医学生理学賞?

10月はノーベル賞発表、関連銘柄を半歩先読み!

6 ウォンテッドリーの初値は5倍だが…

IPO株は「初値が付いた後」に勝負の時がくる!

7 2つの支援材料が追い風

"EV関連"で上値追い続く空調向け圧縮機の世界的メーカー

8 将来のエコカーはEVが主流か

脚光の「EV関連株」を四季報で総ざらいしてみた

9 これがその64銘柄リストだ

いま最もホットな「EV関連株」を最新四季報でチェックした

10 10年ぶり以上は56銘柄

業績絶好調!最高益更新トップ100

ゲスト
お申し込み