きょうの動意株

商社株は戻り鈍い、三井物など再びマイナス圏

8031 三井物産 株価チャート
12/11
15:00
時点

1,703.0

前日比
+10.0(+0.59%)

年初来高値 1,762.5(17/11/09)
年初来安値 1,476.5(17/04/19)

 三井物産(8031)が冴えない。朝方、寄り後の一段安で1月16日の安値1462円を下に切って年初来安値に沈んだ後、全般の切り返しに歩調を合わせて一時プラス圏まで浮上したが後場に入って再び軟調な足取り。午後1時45分現在では前日比31.5円(2.07%)安い1485.0円とマイナス圏での推移になっている。 

 市場がテクニカルな自律反発に転じたとはいえ、中国の景気減速懸念とそれに起因した世界的な商品市況安という枠組みが好転したわけでなく、実体面からは積極的に買い進みにくい状況とみられている。 

 一方で、時価ベースの配当利回りは4.31%。利回り重視の投資家にとっては魅力的な水準でもある。9月中間配当の権利取りを兼ねた長期投資家の買いも流入しやすいタイミング。しばらくは短期弱気派と長期強気派のせめぎ合いになりそう。三菱商事(8058)、住友商事(8053)、伊藤忠商事(8001)など他の総合商社も戻りが鈍い。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 7.11倍 PBR 0.80倍 予想配当利回り 3.52%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

三井物 (8031)

ページトップ