きょうの動意株

一休が後場急伸、中国旅行社とインバウンド向け飲食店予約で提携

 一休(2450)が後場に急伸した。午後2時48分時点では、前週末比268円(12.62%)高の2392円と東証1部の値上がり率3位となっている。中国最大の旅行サイト携程旅行網(シートリップ)と組んで訪日中国人向けレストラン予約サービスを始めると一部で伝えられ、買い人気化した。

 株価は8月19日にモミ合いから下放れたが、25日安値1897円から切り返してきた。20~21日、21~24日に2つのマドをあけたが、今日31日の後場急伸で一気にマド埋めを果たした。一方で、25日移動平均線に上値を抑えられた形となっており、同線を突破できるかどうかが目先のポイントとなる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ