きょうの動意株

東ソーが急反落、外国証券が会社業績計画の未達懸念を指摘

4042 東ソー 株価チャート
11/20
15:00
時点

2,443

前日比
-58(-2.32%)

年初来高値 2,733.0(17/11/09)
年初来安値 1,556.0(17/01/06)

 東ソー(4042)が5営業日ぶりに急反落した。大引けは前日比58円(10.12%)安の515円と東証1部の値下がり率4位となった。 

 外資系証券が投資判断「アンダーウェイト(弱気)」を継続したうえで、目標株価を760円から600円に引き下げたことが売り材料視された。同証券では「通期では会社計画を下回る公算が大きく、株価は業界内の相対感で弱基調が続く」としている。

 7月には4270万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限630万株の第3者割当増資を発表、株式需給の悪化や1株利益の希薄化懸念が強まった経緯があり、同証券では「投資家の信頼回復には時間を要する」としている。公募増資を行うと、市場に還流した新株の売りが出やすい。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 9.69倍 PBR 1.92倍 予想配当利回り 1.96%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東ソー (4042)

ページトップ