きょうの動意株

ツムラが急反発、「医療用漢方薬が6月以降回復」で投資判断上げ

4540 ツムラ 株価チャート
11/17
15:00
時点

3,945

前日比
-195(-4.71%)

年初来高値 4,745.0(17/06/19)
年初来安値 3,110.0(17/02/08)

 ツムラ(4540)が急反発。午後2時03分時点で前日比244円(9.55%)高の2799円と東証1部の値上がり率3位に浮上した。

 クレディ・スイス証券が投資判断を「ニュートラル(中立)」から「アウトパフォーム(強気)」、目標株価を3000円から3100円へそれぞれ引き上げたのが買い材料になった。同証券では、原料生薬のコストアップなどネガティブ要因があるものの、国内医療用漢方薬の売り上げが6月以降回復に転じていることや、トップラインの回復を前向きに評価している。中国から輸入している原料生薬のコスト上昇も、「株価に織り込まれている」としているほか、足元では落ち着いているという。

 前日には特に悪材料が浮上したわけではないが、全体相場の下げにつられて144円(5.33%)下落しており、その反動といった側面もあるとみられる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 23.84倍 PBR 1.75倍 予想配当利回り 1.62%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ツムラ (4540)

ページトップ