光彩工芸の今16年1月期は連続赤字の公算大

ベトナム生産子会社は解散へ

柿沼 茂喜
2015年09月04日

山梨県を本拠とする宝飾品メーカー、光彩工芸の今2016年1月期は、会社の営業利益計画である小幅黒字化の達成は困難で、前期に続いて赤字が続く可能性が高そうだ。ベトナム生産子会社を解散することで解散関連特損を計上するため、最終損益は営業赤字を上回る赤字幅となりそうだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

光・彩 (7878)

ページトップ