きょうの動意株

日経平均採用銘柄入れ替えで株価明暗、日東紡の下げ目立つ

3110 日東紡 株価チャート
11/22
15:00
時点

3,385

前日比
+70(+2.11%)

年初来高値 3,895.0(17/11/02)
年初来安値 2,225.0(17/01/18)

 日経平均株価への採用、除外が株価の明暗を分けた。4日に日本経済新聞社が日経平均株価の定期入れ替えを発表、新規に採用されたディー・エヌ・エー(2432)、長谷工コーポレーション(1808)が上昇する一方、除外された日東紡(3110)、平和不動産(8803)が下落した。

 前引けでディー・エヌ・エーが前週末比138円(6.86%)高の2149円と東証1部の値上がり率5位に浮上したが、日東紡は同88円(16.83%)安の435円と東証1部の値下がり率2位となっている。平和不動産は年初来安値を更新し値下がり率3位。 

 銘柄入れ替えに伴い、日経平均株価連動型のファンドを運用する国内外の機関投資家から、リバランス(銘柄入れ替え)の動きが出てくることになる。指数への入れ替えは10月1日で実施されるため、9月30日の終値ベースでリバランスに伴う売買インパクトが発生する。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 13.00倍 PBR 1.71倍 予想配当利回り 1.03%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

日東紡 (3110)

ページトップ