きょうの動意株

新興株市場の「郵政関連株」は高安まちまち

3915 テラスカイ 株価チャート
11/22
15:00
時点

7,360

前日比
-10(-0.14%)

年初来高値 9,210.0(17/06/27)
年初来安値 4,605.0(17/02/27)

 10日に郵政グループ3社の上場が承認された。これを受けた11日序盤の新興株市場で「郵政関連株」はまちまちの動きとなっている。9時48分現在、日本郵政のシステム投資の恩恵を受けるとの期待があるとみられるクラウドシステムのテラスカイ(3915)が前日比3.8%高。一方、日本郵政と取引関係にあるデジタルポスト(非上場)に出資しているソフトフロント(2321)は同9.7%安、デジタルポストと事業提携しているアイフリークモバイル(3845)は同12.4%安で推移している。

 来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて主力株を手掛けづらい中、値動きの大きいテーマ株として人気が続く可能性があるが、郵政3社の上場が正式に決まったことで「いったん材料出尽くし」と捉える向きもあるもようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 131.66倍 PBR 17.75倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

テラスカイ (3915)

ページトップ