きょうの動意株

わらべや日洋が下落率首位、16年2月期の減額修正で失望売り

2918 わらべや日洋ホールディングス 株価チャート
12/11
15:00
時点

3,130

前日比
+20(+0.64%)

年初来高値 3,225.0(17/06/20)
年初来安値 2,390.0(17/01/26)

 わらべや日洋(2918)が急落した。午後0時44分現在、前週末比480円(18.36%)安の2135円で東証1部の値下がり率トップとなっている。一時は値幅制限いっぱいの前週末比500円(19.12%)安の2115円とストップ安まで売り込まれる場面があった。

 18日発表の2016年2月期の連結業績予想の減額修正を嫌気した。営業利益は従来予想の45億円から29億円に下振れした。従来は前期比8.8%増益見通しだったが、一転して29.9%の大幅減益とネガティブ・サプライズとなった。当初30億円と予想していた上期(3~8月)の営業利益が23億8000万円(前年同期比13.3%減)にとどまったことが響く。主要顧客のセブンーイレブン向けは前年同期を上回ったが、岩手や浦和など新工場での売り上げが想定を下回ったことや、材料費高や手間のかかる製品の受注が集中したこと、人手不足による人件費の上昇が影響した。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 22.07倍 PBR 1.27倍 予想配当利回り 1.28%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

わらべやH (2918)

ページトップ