きょうの動意株

非鉄株が軒並み新安値、中国景気減速で非鉄国際市況が軟調に

5707 東邦亜鉛 株価チャート
10/20
15:00
時点

5,010

前日比
-20(-0.40%)

年初来高値 6,450.0(17/02/21)
年初来安値 4,080.0(17/05/18)

 東邦亜鉛(5707)が急落し9月7日以来の年初来安値更新となった。14時07分時点では前日比28円(9.15%)安の278円となり、東証1部の値下がり率上位にも顔を出している。

 ロンドン金属取引所(LME)で亜鉛先物価格は約6年ぶりの水準に下落しており、同社主力の中国向け需要低迷が懸念された。スイスの資源商社・グレンコアの経営不安から保有亜鉛の放出懸念が浮上するなど、亜鉛価格は先行き不透明感が強まっており、東邦亜鉛株式の株価を下押しする要因となっている。

 亜鉛だけではない。銅やニッケルなどもLMEで軒並み安となっており、特に銅先物価格は安値更新が視野に入っている。銅、ニッケルともに中国景気の減速懸念が価格下落の背景となっており、住友金属鉱山(5713)、三菱マテリアル(5711)ともに年初来安値を更新した。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.94倍 PBR 1.31倍 予想配当利回り 2.00%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東邦鉛 (5707)

ページトップ