きょうの動意株

米久が小幅高、上方修正も影響は限定的

 米久(2290)が小幅反発。9時20分時点では前日比17円(0.7%)増の2326円付近で推移している。前日に通期業績見通しの上方修正を発表しているが、相場全体の地合いもあって好材料視する向きは限定的。 

 前日の取引後、2016年3月期第2四半期決算を発表。営業利益は前年度同期比51.5%増の34億円、純利益は同42.9%増の21億円だった。ハム製品が好調だったうえ、ソーセージ「御殿場高原あらびきポーク」のテレビコマーシャルが奏功し、売り上げが伸びた。通期見通しも修正。営業利益は従来予想比15.3%増の68億円(前期実績52億円)、純利益は同21.2%増の40億円(同40億円)とした。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ