グリーンペプタイド(4594)の実力診断

がん免疫療法の開発ベンチャー

小長 洋子

 久留米大学の伊東恭悟教授(がんワクチンセンター長)のがん抗原ペプチド研究をベースに、がん治療のためのペプチドワクチンの開発が中核。主要パイプラインの「ITK-1」は、前立腺がん対象で、2011年に富士フイルムへライセンスアウト済み。現在臨床3相まで進んでいる。これに続く「GRN-1201」はメラノーマ(悪性黒色腫)対象に米国で非臨床試験を実施中。早期の臨床試験開始に向けて準備を進めているところだ。

 16年3月期は主開発品のITK-1が臨床3相中間解析で有効性確認、治験継続。富士フイルムからの治験受託が収入源。調達資金は新規パイプラインを含めた研究開発や事業開発・運営経費などに充当予定。がん免疫療法では小野薬品工業(4528)のオプジーボが14年7月に承認取得。ペプチドワクチンではオンコセラピー・サイエンス(4564)が類似。

会社概要

【本 社】〒839-0864 福岡県久留米市百年公園1ー1 TEL0942-38-6550

【URL】http://www.green-peptide.com/ 【設 立】2003年

【代表者】永井健一(45歳) 【従業員数】19人

【業 種】医薬品(バイオテクノロジー)

【市場テーマ】がんワクチン

【比較銘柄】 小野薬品工業(4528)オンコセラピー・サイエンス(4564)

業績

(百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益
(円)
1株配
(円)
単13.03 451 219 217 1,822 0
単14.03 933 -27 19 17 1.5 0
単15.03 821 -492 -413 -412 -20.6 0
単16.03予(分) 830 -1,350 -1,350 -1,350 -42.4 0
単17.03予 800 -400 -400 -400 -12.6 0

注) (分)は株式分割 15年7月 1→100

【一株純資産】(15.3)30.7円

大株主

【上場前発行済株式数】25,307,700株 【潜在株式数】1,349,400株

株主名 保有株式数(株)
※潜在株含む
イノベーション・エンジン創薬支援投資事業有限責任組合 6,550,000
九州ベンチャー投資事業有限責任組合 2,975,000
アイビス新成長投資事業組合第2号 2,500,000
JSR・mblVCライフサイエンス投資事業有限責任組合 2,000,000
三菱UFJキャピタル(株) 1,750,000
イノベーション・エンジン三号投資事業有限責任組合 1,500,000
NVCC6号投資事業有限責任組合 1,000,000
NVCC7号投資事業有限責任組合 1,000,000
(株)滋慶 1,000,000
安田企業投資3号投資事業有限責任組合 833,000

スケジュール、価格、引受会社

【上場予定日】10月22日 【市 場】東証マザーズ

仮条件
決定日
BB期間 公開価格
決定日
申込期間
10/2(金) 10/5(月)

10/9(金)
10/13(火) 10/14(水)

10/19(月)

【仮条件】450~550円 【公募価格】ー円

【幹事証券】みずほ 【引受証券】いちよし、エース、SBI、香川、マネックス、東海東京、藍澤

株式数、売買単位

公募
株式数
売出し
株式数
売出し(OA)
株式数
6,500,000株 6,052,900株 1,882,900株

【上場時発行済み株式数】31,807,700株 【売買単位】100株

記事中の会社を詳しく見る

ブライトP (4594)

ページトップ