きょうの動意株

一休が軟調推移、「通期据え置き」記事が重荷か

 宿泊予約サイト運営の一休(2450)が安い。前引けは前日比98円(3.7%)安の2516円だったが、13時時点でも64円(2.4%)安の2550円と、相場全体が後場一段高している中では戻りの甘さが目立つ。9日付日経新聞が「2015年4~9月期の単独経常利益は前年同期比3割増」と報じたものの、通期見通しは据え置くと指摘されており、ネガティブに捉えられているようだ。

 記事によると、上半期は特に7~9月がシルバーウイークをはじめ休日の日並びがよく、静岡県伊豆市や熱海市などの観光地で旅館の予約が伸びたという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ