きょうの動意株

三井住友建設が下落率トップ、データ虚偽問題が浮上

1821 三井住友建設 株価チャート
10/20
15:00
時点

688

前日比
-1(-0.15%)

年初来高値 727.0(17/10/12)
年初来安値 555.0(17/04/14)

 三井住友建設(1821)が急落した。10時24分、前日比35円(22.0%)安の124円と東証1部の値下がり率トップとなっている。出来高でもすでに1億2300万株を超え、東証1部のトップ。

 14日付日経新聞は、同社が施工した横浜市都筑区のマンション基礎工事で地盤調査を一部実施せず、虚偽データに基づいて工事を行っていたと報じ、嫌気された。複数の杭が強固な地盤に届いておらず建物が傾く事態になっている。国土交通省が因果関係を含めた調査を指示するほか、建築基準法違反の疑いで横浜市と調査に乗り出すとしている。

 東芝の不適切会計問題や独フォルクス・ワーゲン(VW)社の排ガスデータ不正問題が問題視されたこともあって、同社のデータ虚偽問題に市場は神経質となっている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 6.83倍 PBR 1.96倍 予想配当利回り 2.18%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

三井住友建 (1821)

ページトップ