きょうの動意株

第一三共が続伸、リストラ計画を好感か、2カ月ぶり高値圏

4568 第一三共 株価チャート
10/17
15:00
時点

2,526.0

前日比
+34.0(+1.36%)

年初来高値 2,800.5(17/08/31)
年初来安値 2,284.5(17/08/24)

 第一三共(4568)が3日続伸している。後場に入っても堅調で、12時50分には前日比60.0円(2.6%)高の2334.0円付近で動いている。一番高いところでは2345.0円まで買われる場面があり、8月24日以来およそ2カ月ぶりの高値水準となっている。      本日19日の取引開始前、米国での営業体制を見直し、現地子会社の人員を2016年3月末までに1000~1200人削減すると発表。米国で主力の収益源となっている高血圧症治療薬「オルメサルタン」の特許が来年で切れる予定で、事業環境は厳しくなると予想されるが、それに対応するという。

 同時に疼痛、がん、循環代謝を含む専門性の高い領域の新製品発売に備えた、機動的な営業体制を構築する方針を打ち出しており、こうした施策がポジティブに受け止められているもようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 35.83倍 PBR 1.42倍 予想配当利回り 2.77%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

第一三共 (4568)

ページトップ