きょうの動意株

淀川製鋼所が3日続落、中国の鉄鋼市場悪化で減損計上

5451 淀川製鋼所 株価チャート
10/17
15:00
時点

3,200

前日比
+30(+0.95%)

年初来高値 3,545.0(17/02/02)
年初来安値 2,797.0(17/04/19)

 淀川製鋼所(5451)が3日続落した。10時33分現在は前日比27円(1.2%)安の2323円で取引されている。19日に中国の連結子会社が保有する機械装置の減損処理で損失を計上する見通しとなったと発表し嫌気された。

 中国の鉄鋼市場の急激な環境悪化を受け、機械装置などで約59億円の減損処理を実施する。このほかのれんの減損や日本国内の子会社のスポーツ施設と合わせると減損処理額は約66億円に上る。上期(4~9月)、通期業績への影響については現在精査中で、集計ができ次第速やかに公表するとしている。上期決算発表予定日は11月4日。

 ただ、9月29日に年初来安値2132円まで売り込まれるなど業績悪化はある程度織り込み済みだったとみられ、売りたたく状況ではない。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 19.44倍 PBR 0.67倍 予想配当利回り 2.19%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

淀川鋼 (5451)

ページトップ