きょうの動意株

マンション不正問題で旭化成が下げ止まらず、連日の新安値

3407 旭化成 株価チャート
10/17
15:00
時点

1,372.5

前日比
+25.0(+1.86%)

年初来高値 1,411.5(17/10/12)
年初来安値 1,001.0(17/01/18)

 旭化成(3407)が連日の年初来安値更新。13時10分時点では前日比24.3円(3.3%)安の705.7円付近で推移している。横浜市のマンション傾斜問題を受けて、ムーディーズ・ジャパンが19日、格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げており、嫌気されているようだ。 

 ムーディーズは、横浜市の当該マンション以外でもくい打ち工事などの不具合が発覚した場合、補修費用増大や旭化成のブランド価値の毀損で重大な負債を抱える可能性があると指摘している。発行体格付けは「A2(シングルAに相当)」で据え置いた。

 一方、旭化成側はきょう午後4時から都内で記者会見を開くと発表。旭化成、旭化成建材両社の社長が出席する。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 16.32倍 PBR 1.66倍 予想配当利回り 1.75%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

旭化成 (3407)

ページトップ