きょうの動意株

任天堂がモミ合い、5年ぶり黒字化だが強気と弱気交錯

7974 任天堂 株価チャート
10/19
15:00
時点

43,530

前日比
+610(+1.42%)

年初来高値 44,600.0(17/10/16)
年初来安値 22,005.0(17/02/01)

 任天堂(7974)がモミ合いの展開だ。高寄りした後、一時マイナス圏へ転落したが、9時25分時点では前日比150円(0.6%)高の2万3160円付近で推移している。前日に決算発表を行ったが、市場では弱気と強気の見方が交錯し、売り買いが拮抗している。

 前日の取引後、2016年3月期中間期決算を発表。営業損益は前年の2億円の赤字から一転、89億円の黒字を確保した。中間期の営業黒字は実に5年ぶりとなった。純利益は前年同期比19.8%減の114億円。5月に発売したゲームソフト『スプラトゥーン』、ゲームキャラクターのフィギュアをソフトと連動させる『アミーボ』などの販売が好調だったうえ、受取利息などの営業外収益が発生した。

 ただ通期見通しは期初計画を据え置いている。これまで未定としていた中間期配当は30円に決定。期末配当は120円とし、年配は150円(前期は180円)とした。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 83.91倍 PBR 4.18倍 予想配当利回り 0.44%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

任天堂 (7974)

ページトップ