きょうの動意株

東光が急反発、減速懸念はね返し1~9月15%営業増益に

 東光(6801)が7営業日ぶりに急反発。10時15分、前日比47円(16.1%)高の339円と東証1部の値上がり率トップに浮上している。 

 29日に発表した2015年12月期第3四半期累計(1~9月)業績が堅調な結果だったのを好感した。営業利益は前年同期比14.9%増の22億9800万円。今12月期通期見通し28億円(前期比2.4%増)に対する進捗率が82%超に達したことで、通期計画の増額修正への期待が膨らんだ。スマートフォン向けメタルコイルや車載向けアンテナコイルが大幅に伸長。円安効果も出た。

 一部ではスマホ向けの減速から、電子部品株の一角に減額修正懸念が出ていただけに、足元の好調を確認したことで買い安心感が広がった格好。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ