きょうの動意株

宇徳が新安値、アジア域内の貨物数減などで減額修正

9358 宇徳 株価チャート
11/17
15:00
時点

482

前日比
-3(-0.62%)

年初来高値 535.0(17/10/31)
年初来安値 395.0(17/04/12)

 宇徳(9358)が急落し9月29日の年初来安値445円を更新した。午前11時09分時点で、前週末比73円(14.6%)安の427円と東証1部の値下がり率トップになっている。 

 前週末に今2016年3月期通期業績予想を減額修正したのが嫌気された。営業利益は従来予想の41億円から27億円(前期比49.5%減)に、純利益は28億円から17億円(同50.5%減)に下振れた。港湾事業で、アジア域内での貨物数の減少、北米・欧州での寄港数の変更などにより、東京港、横浜港ともに取扱量が大きく減少したのが響いた。

 プラント・物流事業でも、国内工事の順延とタイの石化プラント設備の大型定期修繕工事でコストが上昇した。業績悪化懸念が強く、株価は下落傾向にあったが、業績悪化の度合いが市場予想を超えたことで、下げが加速した。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.03倍 PBR 0.75倍 予想配当利回り 1.87%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

宇徳 (9358)

ページトップ